ADAPTATION DESIGN

僕の提唱する「ADAPTATION DESIGN」に肉付けするための教養のブログ。という趣味を全面的に肯定するために始めたただの暇つぶし

「Euphorbia mammillaris」

No.54 神々しい姿のユーフォルビアです。

 

「Euphorbia mammillaris」ユーフォルビア マミラリスです。和名は「白樺麒麟」や「ミルクトロン」といいます。

 

f:id:takuto-interior:20180918124723j:image

 

Euphorbiaはトウダイクサ科トウダイクサ属の植物です。学名Euphorbiaはギリシャ人医者のEuphorbosに由来しており、Carl von Linné(1707-1778)によって名づけられました。世界中の熱帯から温帯に広く分布し約2000種からなる巨大な属であります。ユーフォルビア属の仲間は毒性のある白い液体を有しており、薬用で使用されていたこともあります。

 

Euphorbia mammillarisの種小名mammillarisはラテン語で「乳頭のある」から由来しています。南アフリカ原産で、白樺の名の通り全体的に白く冬にはピンク色に紅葉します。棘が生えている為、白いサボテンよ間違われることがありますが、サボテンとユーフォルビアは全くの別物で、サボテンが葉を棘に変化させたのに対して、ユーフォルビアは側枝や托葉部分が棘に変化しました。見分け方としては、サボテンの棘の付け根には白い綿に覆われた刺座があります。

 

f:id:takuto-interior:20180918124718j:image

 

緑から白のグラデーションがとてもきれいで購入しました。日光を好み、強い直射日光には弱い種類です。高温や低温にも弱いため、温度管理が必要になります。基本的には頑丈なので一か月水をあげなくても耐えられます。冬になるとピンク色に変わるというのでこれからが楽しみです。