ADAPTATION DESIGN

僕の提唱する「ADAPTATION DESIGN」に肉付けするための教養のブログ。という趣味を全面的に肯定するために始めたただの暇つぶし

「Euphorbia mammillaris」

No.54 神々しい姿のユーフォルビアです。

 

「Euphorbia mammillaris」ユーフォルビア マミラリスです。和名は「白樺麒麟」や「ミルクトロン」といいます。

 

f:id:takuto-interior:20180918124723j:image

 

Euphorbiaはトウダイクサ科トウダイクサ属の植物です。学名Euphorbiaはギリシャ人医者のEuphorbosに由来しており、Carl von Linné(1707-1778)によって名づけられました。世界中の熱帯から温帯に広く分布し約2000種からなる巨大な属であります。ユーフォルビア属の仲間は毒性のある白い液体を有しており、薬用で使用されていたこともあります。

 

Euphorbia mammillarisの種小名mammillarisはラテン語で「乳頭のある」から由来しています。南アフリカ原産で、白樺の名の通り全体的に白く冬にはピンク色に紅葉します。棘が生えている為、白いサボテンよ間違われることがありますが、サボテンとユーフォルビアは全くの別物で、サボテンが葉を棘に変化させたのに対して、ユーフォルビアは側枝や托葉部分が棘に変化しました。見分け方としては、サボテンの棘の付け根には白い綿に覆われた刺座があります。

 

f:id:takuto-interior:20180918124718j:image

 

緑から白のグラデーションがとてもきれいで購入しました。日光を好み、強い直射日光には弱い種類です。高温や低温にも弱いため、温度管理が必要になります。基本的には頑丈なので一か月水をあげなくても耐えられます。冬になるとピンク色に変わるというのでこれからが楽しみです。

Portfolio 001

No.53 私が過去に作った作品紹介です。今回は大学を卒業する際に作った卒業制作を記事にします。

 

私の卒業制作はデザインをすることについて考えることから始まった。大学にはモノをデザインできる人になる為に入った訳だが、多くのモノに触れてきて、このモノの溢れる世界に私が新たにデザインすることの意味やその責任を負うことについて考えるようになった途端に、身の周りにあるデザインの希薄さやデザイナーの無責任さにばっかり目がいくようになっていた。産業革命と同時に発生したデザインという概念は160年という短い間に人々の生活を豊かにし、文化として多様化の道を歩んだ。しかし、近年のデザインの中心にある考え方はとても商業的で、人々の購買欲を煽るものやヴィジュアルが主な役割で、大河のように次々と生み出され、流されてゆくデザインは経済的な成果をあげることを目的とした成功例の模倣を繰り返すだけの存在になっており、問題解決と称されるデザインは果たしてその役割を果たしてきたのだろうか?決してデザインはポピュリズム的で表層的なものではなく、その思想や概念が本質であり、不断に変化し続けなければならないと考える。生活が豊かな私たちに必要なことは目先の流行から生まれる新しいモノではなく、これから私たちが生きていく上で本当に見つめなければいけない未来に通じる新しい思想や概念なのだ。これはAnthony Dunneが発表したスペキュラティブデザインにすごく近い。問題を解決するのではなく問題を提起する。文化の成熟した私たちにこれから必要なのはモノではなく哲学だ。今回、2つの制作物を提出した。それぞれ一つのテーマを元に近未来と遠い未来を想定し、その時代に存在するものを作り出すことで今ある問題を洗い出そうとした。

 

 

f:id:takuto-interior:20180923130529j:image

f:id:takuto-interior:20180923130532j:image

 一つ目は「Stand by me」というタイトルで、限りなく遠い未来を想定したものだ。止めどなく生産されるモノによって排出されるダイオキシンや追いつかないゴミ処理の問題から生まれた病原菌によって感染症がパンデミックし人類が大幅に減少した世界Xにおけるデザインや価値について考察した。現代では多様化による選択肢の多さこそが人に自由を与え、幸福にすると信じられている。しかし、選択をするたびに無意識の喪失感に襲われ続けていることを知っているだろうか?何かを選択するということは、裏を返せば選択しなかった何かを失うことと同義なのである。世界Xにおいてモノを創造や廃棄することに対して恐怖を抱いており、その無意識の喪失感でさえ嫌悪するようになった。その感情に抗う手段として「再生」に対して価値を見出すようになっていった。その昔、西洋で石に永遠を感じ、東洋が木の朽ちてく姿にはかなさを価値として捉えていたように、その世界においてモノの廃棄や創造に対する価値は薄く、「再生」に価値を置いている。それは今までモノを廃棄することにためらいの無かった人が唯一捨てることのなかったモノの中に肉体があるからだろう。それは再生を繰り返すことで人に所有され続けてきた。この世界Xの彼らは新しく生まれる新生児に同じDNAを使用し作られる椅子が与える。それは所有者のの身体的特徴を引き継ぎながら成長をしてゆく。よく使い触る部分の皮膚は硬くなり、体重がかかる部分は太く大きなものに育つ。そして、傷ついた場所にはかさぶたができ、数日できれいに治る。これはモノを粗末に扱ってきた人間の贖罪であり、戒めである。私はこの椅子を「肉(chair)」と名付け、写真を媒体として作品にした。「chair」は英語で椅子、フランス語では肉体という意味があり、哲学において私たちが捉えることのできるパースペクティブ的で一面的な表面の「見えるもの」に対して、認識していても視覚として捉えることのできない裏側に存在する「見えるものの見えないもの」をモノの奥行とし、そこに存在する本質的な部分を肉(chair)と呼ぶ。つまり、モノの形態ではなくそのモノの時間や経験までも内包した「見えるものの見えないもの」を知ろうとすることが大切なのであり、現代に蔓延る問題に考えを巡らせるところにこの作品の本質がある。今回、写真を表現の媒体として選んだのにも理由がある。この2枚の写真は2人の女性を多視点から捉えコラージュしたものである。それは人が一度に見ることのない肉体の集合で、手法としてはキュビズムを用いている。しかし、ピカソやブラックのように対象の極端な単純化は行わず、その境界をあいまいにすることで残るリアルな身体的特徴によって生まれるリアリズムを優先した。

 

 

 

f:id:takuto-interior:20180923130618j:image

f:id:takuto-interior:20180923130620j:image

f:id:takuto-interior:20180923130623j:imagef:id:takuto-interior:20180923130627j:image

2つ目は「One’s interior virtue」という作品である。「隠された許容」という意味で、これは限りなく近い未来を想定したものだ。私たちは当たり前のようにいるモノといらないモノを選別する。その許容と拒絶を分ける基準はあいまいで不透明だ。なぜ、ここまで人は簡単にモノを捨てることができ、抵抗を感じないのだろうか?それはマクロな単位でしか語られることのない問題に、人々が安心しているからだ。このぬるま湯に浸かりきった現代人に響くものはもっと本質的で無意識な部分の問題なのだ。今回、「無意識の拒絶」をテーマに、人間の髪の毛を使用した作品を制作した。人は伸び続ける髪の毛に「生」を感じているが、その存在は時にして畏怖の対象になり得る。毎日洗い、整える人の印象を左右する髪の毛ですら、切られて床に落ちていった瞬間に嫌悪感のあるモノへと変化し価値観が変わる。人は肉体から離れた身体を極端に嫌う。それは切れて落ちていった髪の毛に「死」を見るからで、これを「無意識な拒絶」とするなら、人がモノを捨てる動機はここに由来しているのではないだろうか?人は役割を終えたモノに少しでも「死」を感じているのかもしれない。私は今回、この死生観や価値観の短絡的な変化に注目した。もし、一度拒絶されたモノを再構築することで人の中に新しい価値が生まれるのであれば、そこには人とモノの間に新たな関係性が生まれるのではないだろうか。とするなら、それは立派な隠された許容と言えるだろう。そして私はこの「無意識の拒絶」がこれから新たな文化を築く上でとても大切な感覚であると考える。現代人は五感の退化と引き換えに様々な文化を獲得してきた。もし、その五感の機能を失っていった時、それに代わる新たなツールが必要になる。今まで無意識に拒絶してきたことを明らかにすることで、デザインや文化は新たな領域を見つけることができるのではないのだろうか。

 

Creation 004

No.52 鉢植えを作りました。ADAPTATION DESIGNの鉢植えを国産ヒノキの合板で作ってみました。作りはすごく単純ですが合板に浸透性のクリアラッカーを何度も染み込ませる事で表面に光沢を持たせました。この方法は店舗の什器などで良く使用されますが、自分でやったのは初めてなので上手くいった時はすごく嬉しかったです。販売も視野に入れながら大きさや形をこれから少しずつ練っていきたいと思います。

f:id:takuto-interior:20180922104050j:image

f:id:takuto-interior:20180922100223j:image

f:id:takuto-interior:20180922100136j:image

f:id:takuto-interior:20180922100139j:image

 

 

杉の合板でも作りました、ビカクシダ ビフルツカムと合わせて使っています。

 

f:id:takuto-interior:20180922101959j:image

f:id:takuto-interior:20180922102002j:image

 

こんな物を作って欲しいなどありましたらいつでもコメントして下さいー。

「Cissus tuberosa」

No.51 ブドウ科の蔓が特徴的な塊根植物です。

 

「Cissus tuberosa」シッサス ツベローサです。以前はCissus mexicanaという名前で呼ばれていました。

 

f:id:takuto-interior:20180918124601j:image

Cissusはブドウ科セイシカズラ属の常緑性多年生のつる性植物で熱帯から温帯地域に生息していて約300種が見つかっています。Cissusはギリシャ語で「蔦」という意味があります。葉は互生し単葉または複葉で、茎がつる性のものと多肉質になるものがあります。

 

Cissus tuberosaの種小名tuberosaはラテン語の「塊根」から由来していて、その名の通り茎が太く成長することが特徴です。別名のCissus mexicanaからも分かるようにメキシコが原産で主に標高1500mの乾燥地帯にある岩場に生息しています。塊根部は灰色か緑色で20〜30cmにまで成長し、塊根伸びる茎は蔓状で葉はブドウに似た切れ込みが大きく入ったギザギザな葉を展開します。

 

f:id:takuto-interior:20180918124607j:image

 

生命力が凄く、その蔦は夏の時期になると伸び続けるようなので来年が楽しみです。葉も大きく、青々しているのでこれから観察するのが楽しみです。

 

Introduction:「受験編 001」

No.50 記念すべき50回目の記事は私が武蔵美と呼ばれる大学に合格した経緯をお話しします。読者100人→予備校編001〜003の順で読んでからこの記事を読むとより楽しめます。

adaptation-design.hatenablog.com

adaptation-design.hatenablog.com

adaptation-design.hatenablog.com

 

adaptation-design.hatenablog.com

 

 

いよいよ受験の日が迫る。その前日、私は未だに理解ができない不可解な行動をして未だに抹消したい黒歴史が心に傷として残っている。武蔵美の試験は基本的に木炭用紙やケント紙が配られるだけなので、イーゼルがセットされていたとしてもパネルやカルトンがないと絵を描くことができないので受験生は基本的に自前のパネルやカルトンを用意して試験に向かう。ちなみにイーゼルとは皆さんが想像する絵を描く人が座ってる時に使っている絵を立てかける支えの事をいい、その上にパネルやカルトン(紙を平らにする木でできた軽い板)をセットし紙をクリップで留めて絵を描く。このパネルやカルトンは予備校でみんな自分のものを持っていて、今までの絵の具のシミや、カッターの傷が無数についている一緒に戦ってきた愛着のある相棒なのである。試験が近づくとキャピキャピした現役の高校生女子、いわゆるJK達はパネルやカルトンの裏側に激励のメッセージを卒業アルバムかのようにマジックで書きあいそれを抱えて試験に臨む。もちろんそんな和気藹々とした雰囲気にこの私が溶け込めるわけもなく、楽しそうなJKを横目に1人家に帰っていった…。

 

ただ、そこで終わらないのがこの私がなのである。自前の裏になにも書かれていないパネルを見たとき、メッセージを書きあっていたJKが羨ましくなった私はなぜか分からない…なぜだか分からないが、そこに漫画ONE PIECEのドンキホーテ・ドフラミンゴが漫画の中で放つ「平和を知らねーガキ共と戦争を知らねーガキ共との価値観は違う頂点に立つものが善悪を塗り替える!!今この場所こそ中立だ!!正義は勝つって!!そりゃあそうだろう!!勝者だけが正義だ!!」という名言とキャラクターをパネルいっぱいに徹夜で描くという奇行に出る。本当になぜか分からないが、当時の私が描き終えた時に得た満足感は相当なものだった。徹夜をしたせいでその日のデッサンと平面構成が意味がわからないくらい眠たかったのは言うまでもない。

f:id:takuto-interior:20180919123839j:image

 

武蔵美の私が受けた学科の試験は午前中が3時間の静物デッサンで、午後が3時間の平面構成となかなか集中力のいる試験になっていて、きっと普通の人なら耐えれない内容だろうが、そういう訓練をしている私たち美大受験生にとって3時間は短く、いかに時間の中で絵を仕上げるのかが大きなポイントで、出題者の意図を汲み取る能力が必要不可欠になる。試験当日、徹夜明けの朝の日差しは目に沁みたが気持ちはすごく楽で、どんなモチーフが用意されているのかワクワクしていた。与えられた受験番号の貼られた席に着席し、光の向きやスツールの角度をチェックする。前日に尖らせた鉛筆を並べ、練り消しを練り深呼吸をしてそこにあるデッサンのモチーフに目を向けた時、私は驚き「あっ落ちた」とその瞬間に思った。

 

いよいよ試験が始まる。その話はまた今度。

 

 

 

Cultivation:「GARLIC 002」

No.49 先日植えたホームタマネギが萌芽を出しました。前回の記事はこちらです。

adaptation-design.hatenablog.com

毎日観察していたのですが、気が付いたら50㎜くらいまで成長していて驚きました。前回の記事でタマネギは温度や光によってその成長の仕方を変えると書きましたが、このタマネギの芽の先に温度と光を感じる機能があり、土の中から顔を出すことで周りの様子を探っています。その姿は潜水艦のペリスコープのようですごく可愛いです。

f:id:takuto-interior:20180918102237j:image

f:id:takuto-interior:20180918102311j:image

 

ここから根の張りをよくするために追肥を一度行いたいと思います。初めての家庭菜園に加え室内栽培なので手探りですが、失敗も含め頑張っていきたいと思います。

「Tillandsia stricta」

No.48 同じ種類の中でも特に細かい分類分けが多くありその見分け方が難しい種類のエアプランツです。

 

「Tillandsia stricta」チランジア ストリクタです。またの名をCotton Candyとも言います。

 

f:id:takuto-interior:20180918085136j:image

 

Tillandsiaはパイナップル科の中の属名です。スウェーデンの植物学者Elias Tillandz(1640-1693)から由来しています。多年草で着生植物であることの多い植物です。葉の表面を覆う「Trichome(トリコーム)」といった空気中の水分を取り込むための独特の器官があります。trichomeはギリシャ語で「髪」という意味があります。

 

Tillandsia strictaの種小名strictaはラテン語の「strictus(直立)」から由来しており、それはこの植物の形態を表したものです。非常に種類のバリエーションが多く、葉も堅いものから柔らかいものまであり薄くトリコームが全体を覆っています。花は春~夏にかけて青、紫、黄色、ピンクの花を展開します。原産地はトリニダード・トバゴやベネズエラなどの南米で気候や環境に関わらず生育することができます。

 

f:id:takuto-interior:20180918085153j:image

 

Cotton CandyはMark Dimmit氏がTillandsia strictaとTillandsia recurvifoliaを交配したことで生まれました。この組み合わせのことをTillandsia Houstonと呼ぶこともあります。花序が球状で花弁はブラクトが薄いピンクに薄く水色がかったものを付けます。

 

 

他のエアプランツの記事はこちらです。

adaptation-design.hatenablog.com

adaptation-design.hatenablog.com

 

adaptation-design.hatenablog.com